キャットフード おすすめ

MENU

良質なキャットフードと低品質のキャットフードの違い

まず覚えておきたいのは、ペットショップや動物病院で販売されているキャットフードが必ずしも高品質だとは言えないことです。

 

良質なキャットフードの特徴
  • 肉食動物の猫の生態にふさわしい高品質な原料が使われている
  • 使用されている原料を全て開示し「等」「他」といった表記をしない
  • 人工添加物の使用を控えている

 

低品質のキャットフードの特徴
  • 本来猫には不必要なトウモロコシや小麦といった穀類が多く使われている
  • チキンミール、鶏副産物など人間が破棄した部位が使用されている可能性がある
  • 発がん性が指摘されている合成着色料や酸化防止剤が使われている
  • 香料を添加することで猫の食いつきを高めている

 

ペットショップは猫の健康を考えるよりも売り上げを伸ばすことに熱心かもしれません。動物病院に置かれているキャットフードがリコールの対象になったこともあります。大切な猫のためにも、高品質なキャットフードを見極める術を身につけましょう。

 

 

安全でおすすめのキャットフードの選び方のポイント

キャットフードを食べる猫

肉食動物の猫は、私たち人間が思っている以上にたんぱく質を必要としています。飼い猫に肉ばかり与えていたら肥満が気になるという方がいますが、猫はたんぱく質と脂肪をエネルギーに活動する生き物とされています。ですから、人間が食べられる品質の肉類かトレーサビリティで追跡できる肉類を使った積極的にたんぱく質を補えるキャットフードを選びたいところです。

 

とはいえ、肉類が豊富に使われているからといって添加物が多いフードは避けるべきです。添加物の多くは人間の都合で配合されていることがほとんどで猫にとっては無用なもの。それどころか、がんやアレルギーのリスクが高まる心配があるのです。

 

猫が必要なたんぱく質と脂肪の配合率

犬は人間と暮らすうちに植物性の食品もある程度は消化できるようになりましたが、猫は人間と暮らすようになっても完全肉食を保っています。人間や犬よりもたんぱく質を多く必要としていることを忘れてはいけません。

 

腎臓病などでたんぱく質の摂取が制限されている場合を除き、【たんぱく質35% 脂肪20%】が理想的な配合率とされています。お手持ちのキャットフードの成分表をチェックしてみてください。たんぱく質と脂肪が十分に配合されていますか?

 

 

キャットフードに使用される添加物で特に避けたいもの

  • 酸化防止剤(BHA、BHT、没食子酸プロピル)
  • 赤色102、黄色4などの合成着色料

BHA、BHTはもともと石油の酸化防止に使われていた薬品です。
発がん性が指摘されていることから日本においては人間への使用が禁止されています。没食子酸プロピルは染色体異常試験で陽性という結果が出ていることからDNAへのダメージが懸念されています。

 

合成着色料は発がん性やアレルギーが指摘されています。単品では安全性が認められている添加物でも複数を同時に使った場合の安全性までは明らかになっていません。

更新履歴